VPS

FX専用VPSを使うメリットって何?【コストが抑えられる】

FX専用VPSを使うメリットって何?【コストが抑えられる】

 

FX専用VPSがおすすめと聞くがどうしてか。何かメリットがあるのだろうかと気になりますよね。

 

FXで取引を行うにはMT4(Meta Trader 4)が定番となっています。

 

そして現在ではパソコン上での利用よりもVPS上での取引も定番となってきています。

 

今回はMT4をFX専用VPSを使うメリットについてご説明します。

 

FXで定番となっているMT4とは

 

FXで取引を行っていくためには取引をするためのアプリが必要です。

 

その人気アプリのひとつがMeta Trader 4(MT4)です。

 

MT4が人気である理由は2つ。

  • 自動売買機能
  • Expert Advisory(EA)機能

 

厳密にはEAはMT4に最初からある機能ではなくアドオンという形になります。アドオンはあとから機能を追加することができ、沢山のEAが世に出回っています。

 

EAは無料で配布されていたり有料で配布されていたりします。EAは、世界中の投資会社やプロのトレーダーがプログラミングしている点が魅力。

 

このEAとMT4の自動売買機能を組み合わせることでチャートの画面に張り付くことが基本不要になり、一度設定しておけば後はEAのアルゴリズムに従い自動的に取引を行ってくれます。

 

MT4を使うことで、投資会社やプロトレーダーと同等の取引を自動で行ってくれるスグレモノ。

 

FX専用VPSを使うメリットと使わないときのデメリット

 

FX専用VPSを使うメリットですが、まずはFX専用VPSを使わずにパソコン上でMT4を使うことによるデメリットをご紹介します。

 

FX専用VPSを使わないことによるデメリット5つ

 

FX専用VPSを使わないことによるデメリットはおもに5つ。

  • パソコンを24時間つけっぱなしにしておく必要がある
  • パソコンが壊れると取引不可(危険)
  • 自宅のネットが重くなると取引に不利
  • 停電になるとネット・パソコンが使えなくなる危険性
  • 電気代がかかる

 

MT4においてEAは24時間動かしておく必要があるので、必然的にパソコンの電源は24時間ずっと入れたままになります。

 

そのため、電気代がけっこうかかります。

 

一応電気代を計算できる式があります。下記は1時間あたりにかかる電気代の式です。

消費電力(ワット)÷1,000×27

 

例えば消費電力100Wのパソコンを1時間動かしていた場合は

100÷1,000×27=2.7

 

1時間あたり2.7円の電気代がかかる計算になります。10時間だと27円ですね。24時間だと64.8円です。

 

1カ月(30日)では1,944円となります。結構な額です。

 

MT4など計算を主に行うアプリを使用すると消費電力は上昇するので、最低でも1,944円以上はすると思っていただいて問題ありません。

 

しかもパソコンは24時間フル稼働するような設計にはなっていないので、コストもかかるし、故障のリスクもありでデメリットがかなり大きくのしかかります。

 

しかも外出中はパソコンがうまく動いているか、取引が気になるなどで外出を楽しんでいる余裕すらなくなります…。

 

FX専用VPSを使うメリットはデカい

デメリットはFX取引を行う上でどれも致命的なものばかりでした。

 

そこで最近では安全な取引を行うため、FX専用VPSを使うことが主流になってきています。

 

FX専用VPSを使うメリットは下記のとおり

  • 高性能パソコンを用意する必要がない
  • スマホからでも簡単にMT4が使える
  • MT4の複数起動が可能
  • Mac BookからでもMT4が使える
  • ネットさえつながればいつでもどこでもMT4が使える
  • パソコンが壊れてあわてる心配がない
  • 電気代を安くできる

 

FX専用VPSを使うことで7つのメリットが受けられます。

 

パソコンが壊れる心配もなくなりますし、停電の心配も不要。外出時でも気になったときはスマホを使ってMT4が扱るので外出を楽しむこともできます。

 

ただFX専用VPSは有料なのでお金はかかりますが、「もともとの電気代」がそのまま「利用料金になる」イメージなので損することはありません。

先ほど計算したパソコンの電気代を例に‥。電気代1,944円だった場合、月々2,000円ほどのFX専用VPSを契約すれば損はしませんよね。

 

MT4は複数動かすことができますが、パソコンの動作性能が高くないと動作も鈍くなりがちです。しかも電気代はうなぎのぼり。

 

FX専用VPSはサーバーという機器でパソコンよりもはるかに動作性能が高いです。しかも月額料金は据え置き。MT4を複数使っても遅くなるなんてことはありません。

 

VPSは遠隔操作を行うので、遠隔操作を行うことができるアプリがあればFX専用VPSをどこからでも操作することが可能です。

 

遠隔操作を行うアプリはリモートデスクトップアプリで操作できます。下記の端末で使えます。

  • Android
  • iPhone/iPad
  • Windowsパソコン
  • Mac
  • Chromebook

 

FX専用VPSをリモートデスクトップで接続する方法については下記の記事が参考になります。

 

Android/iPhone/Windows/MacでFX専用VPSを動かす場合

MT4が動いているVPSはスマホやパソコンで操作可能【便利】

続きを見る

 

ChromebookでFX専用VPSを動かす場合

MT4をChromebookとVPSでもっと簡単に使う方法【超安全】

続きを見る

 

VPSって一体どこにあるの?

 

IT初心者の場合、VPSが一体どこにあるのか全然わからない…と思います。

 

VPSはインターネット上にあるデーターセンターと言う場所にあります。イメージ画像をお見せします。

FX施用VPSの仕組みを説明

 

パソコンは遠隔操作を行うアプリを使ってデータセンターにあるあなた専用に作られた仮想パソコンに接続します。

パソコン上でパソコンを動かすってなんだかカッコいいですよね。

 

格安で使えるFX専用VPS4社【おススメプランもご案内】

 

FX専用VPSはどこがおすすめなのか。電気代が抑えられるとは言え、月額料金が電気代を大幅に超えてしまっては使う意味がありませんよね。

 

そこで、格安VPSと言われているVPS企業を注意点を含め比較します。どのVPSもスマホやパソコンなどから遠隔操作ができるので安心してください。

 

まずは各VPSの料金プランをまとめます。料金プランはおすすめのプランをご案内しています。

 

FX専用VPSで運用するために一番重要な部分であるプラン。

 

間違ったプランを選ぶとお金を捨てるのと同じなので、プラン選びで不安であれば、FXをVPSで動かすためのスペックはどれぐらい必要か【MT4の必須メモリ】にて、損をしないプラン選びを学んでみてください。

FXをVPSで動かすためにスペックはどれぐらい必要?【MT4必須メモリ】

続きを見る

 

そしてVPSを扱うためにはあなたが持っているスマホやパソコンから遠隔操作をする必要があり「リモートデスクトップライセンス」というライセンスが必要になります。

 

これはライセンス料だけ支払えば使えるものですので、スマホやパソコンに何かをするという作業は不要。お金だけ発生します。

 

リモートデスクトップライセンスとは、VPSに遠隔操作するときに必要なライセンスでプランとは別料金になっています。ちなみにNTT WebARENA Indigoお名前.comデスクトップクラウド無料。

会社名 おすすめプラン 月額料金 リモートデスクトップライセンス料金
お名前.comデスクトップクラウド メモリ2.5GB 1,430円 0円
さくらのVPS for Windows Server W2G 2,200円 770円
ABLENET Win2 1,815円 1,100円
NTT WebARENA Indigo メモリ4GB 1,399円 0円

 

VPSについてもう少し詳しくご案内します。

 

VPSを選ぶ上での注意点

まずFX専用VPSはどこが格安なのかをお伝えする前に重要なことをお伝えしておきます。

 

VPSでは各社で提供方法が違います。大きくは2パターン。

  • サーバースペースだけを提供するVPS
  • すぐにFXが始められる状態でサービスを提供するVPS

 

格安VPSほどサーバースペースのみを提供する場合がほとんど。EA(MT4)を動かすために必要なOSは自分でインストールする必要があります。

 

もうひとつはVPSを契約するとOSはすでに準備されていてあとは契約されているFXで用意されているMT4を選んでインストールするだけという親切設計なVPSもあります。

 

VPSを選ぶ際は料金と併せて自分に合うVPSを選ぶことも大事になってきます。
はや

 

それでは格安FX専用のVPSの鉄板3社をご紹介していきます。

 

おすすめ度:【格安】お名前.comデスクトップクラウド【月額990円~】

 

お名前.comデスクトップクラウドは990円から使うことができます。こちらはFX専用と明記されており、Windows Serverもインストール済みのVPSです。初心者にもやさしい設計になっている点がとても嬉しいVPSです。

 

各FXに対応したMT4を複数用意されているので、もし開設済みのFX証券会社がリストアップされていればすぐに運用ができます。

もちろんリストになくても何の問題もなくMT4は使えますので、ご安心ください。リストにあるかないかの違いだけです。

 

お名前.comデスクトップクラウドは僕も利用していて申し込み方法からMT4のインストール方法、リモートデスクトップの設定方法などがとても分かりやすいVPSです。

 

今は期間限定で3台以上のVPSを申し込むと次回更新時が10%OFFになります。リスク回避策として小さいプランでVPSを同時に申し込んで1つずつMT4を動かす方法もありです。

 

お名前.comデスクトップクラウドを申し込む際は、お名前.comのFX専用VPSでMT4を設定する方法も併せてご参考にしてみてください。

お名前.comのFX専用VPSでMT4を設定する【スマホでMT4が使える】

続きを見る

 

\ FXのおすすめVPS /
お名前.com VPSでMT4を始める

 

おすすめ度:さくらのVPS for Windows Server【月額1,100円~】

 

さくらのVPS for Windows Serverは1,100円から使うことができます。FX専用とは書かれていませんがMT4を動かすことに問題はありません。ただし、プランはW2Gプラン以上は欲しいです。

 

また遠隔操作を行うためには別途リモートデスクトップ(RDS SAL)ライセンスが必要になります。

 

事実上リモートデスクトップ(RDS SAL)ライセンスは必須なので、VPSのプラン+770円が実際にかかる料金となります。

おすすめプランであるW2Gプランを選んだ場合、2,200円+770円=2,970円

 

おすすめ度:ABLENET【月額1,265円~】

 

ABLENETは月額1,265円から使うことができます。FX専用のVPSではないので回線速度に若干の不安がありますが、MT4を動かすこと自体に問題はありません。

 

なお、遠隔操作をするためには別途リモートデスクトップサービス(RDS)ライセンスが必要になります。リモートデスクトップサービス(RDS)ライセンスの月額料金は1,100円となり他社よりも割高です。

おすすめプランであるWi2プランを選んだ場合、1,815円+1,100円=2,915円

 


 

以上、FX専用VPSを3社ご紹介しました。

 

どれも格安の部類に入るVPSですが、トータル的に考えると格安・定番と言われてるVPSはお名前.comデスクトップクラウドが人気です。

 

とはいえ、「もっと格安のVPSってありそうだけど…。」と思いますよね。

 

次は500円以下で契約できるVPSをご案内します。

 

500円以下でMT4を使ったFX運用できるおすすめの格安VPS

 

FXはMT4などのツールを使ってお金を稼ぐものです。そのためにVPSは使いたいけど極力お金をかけずに使いたいという考えもあると思います。

 

お金を稼ぐのに毎月お金が出ていくってなんだか損な気もしますよね…。

 

次に紹介するVPSは月額500円以下で使えるものです。

 

とは言え、500円以下のVPSはここに注意

まずMT4でFXを運用している場合、またはMT4をVPSを使って運用を考えている場合、MT4はWindows専用のソフトウェアということを覚えておいてください。

 

そして500円を切るようなVPSはWindowsではなく、Linuxであることがほとんどです。そのため、MT4をLinuxにインストールするにはちょっとしたコツがいります。

 

LinuxはWindowsやMacとは異なるOSで安定性には優れていますがPC初心者がサクサク使えるものではありません。逆を言えばITに強い人であればこれほどお得に使えるVPSはありません。

 

番外編:Linuxに詳しい人向け【月額349円~】NTT WebARENA Indigo

 

NTT WebARENA IndigoはLinux(Cent OS/Ubuntu)が動作するVPSです。

 

 

お名前.comデスクトップクラウドやABLENETなどと同等のプランでもあるメモリ4Gプランが1,399円で使えます。

正直な話、月額349円のメモリ1GBプランは性能が貧弱でMT4を動かすには向いていません。500円以下で使えるとは言え、FX用途にはちょっとキツイです…。

 

またLinuxの場合はWindowsと違い、ライセンス不要でリモートデスクトップ接続もできる(設定は別途行う)ので、ライセンス料が必要ありません。月額サーバーの利用料金だけで使えるのでかなり格安となります。

 

LinuxをベースとしたVPSは格安ではありますが、NTT WebARENA IndigoのLinux版でMT4をインストールしてFXを運用すためには2つの追加設定が必要になります。

  • WineというLinux上でWindowsアプリを動かすためのベースアプリ
  • リモートデスクトップを行うためのVNCというアプリの追加設定

 

LinuxにWineを設定する方法

Ubuntu Linux 20.04 LTS/18.04 LTSにWineをインストールする - CLOVER🍀
Ubuntu Linux 20.04 LTS/18.04 LTSにWineをインストールする - CLOVER🍀

kazuhira-r.hatenablog.com

 

LinuxにVNCを設定する方法

Ubuntu 20 .04にVNC をインストールして構成 する方法  | DigitalOcean
Ubuntu 20 .04にVNC をインストールして構成 する方法 | DigitalOcean

www.digitalocean.com

 

少し難しそうに感じましたら無理してLinuxにする必要はありません。

 

FX専用VPSを使うメリットって何?:まとめ

 

FX専用VPSを使うメリットについてまとめました。

 

メリットとデメリットについてもう一度まとめます。

 

FX専用VPSを使わないことによるデメリット

  • パソコンを24時間つけっぱなしにしておく必要がある
  • パソコンが壊れると取引不可(危険)
  • 自宅のネットが重くなると取引に不利
  • 停電になるとネット・パソコンが使えなくなる危険性
  • 電気代がかかる

 

FX専用VPSを使うメリット7つ

  • 高性能パソコンを用意する必要がない
  • スマホからでも簡単にMT4が使える
  • MT4の複数起動が可能
  • Mac BookからでもMT4が使える
  • ネットさえつながればいつでもどこでもMT4が使える
  • パソコンが壊れてあわてる心配がない
  • 電気代を安くできる

 

デメリットはFXの運用収益に打撃を与えかねない怖いものばかりです。

 

FX専用VPSは月額料金は発生しますが、パソコンの電気代が月額料金に代わったと思えば損はありません。

 

いつでもどこでもMT4が使える点は精神衛生上にもメリットでしかありません。また、パソコンが壊れる心配も無用。

 

遠隔操作中に通信が途切れてしまってもVPS上で動いているMT4にも影響はありません。なぜなら遠隔操作でVPS上のMT4を触っているだけだから。

 

これほどメリットが多いFX専用VPS。使わない手はありません。

 

FX専用VPSとしての定番サービスはお名前.comデスクトップクラウドです。

 

申し込み方法から遠隔操作の方法までをまとめた「完全ガイド」もあります。

お名前.comのFX専用VPSでMT4を設定する【スマホでMT4が使える】

続きを見る

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-VPS
-,