インターネット/通信

GMOとくとくBB WiMAXの評判ってぶっちゃけどうなの?

GMOとくとくBB WiMAXの評判ってぶっちゃけどうなの?

 

外出時にパソコンやスマートフォンでうまくWi-Fiが繋がらない、なんてトラブルは非常に多いのではないでしょうか。

 

とくにFree Wi-Fiのように誰でも自由に利用できるものは、回線の力が弱いためぜんぜん使えないことが多々あります。

 

また、Free Wi-Fiを見つけたとしても、いちいち新規登録をしないといけないこともあり非常に面倒と言えます。

 

そこで今注目を集めているのがモバイルWi-Fiです。

 

モバイルにもたくさんの種類がありますが、今回はGMOとくとくBB WiMAXについてお話ししますので参考にしてみてください。

 

GMOとくとくBB WiMAXの評判

 

いくらGMOとくとくBB WiMAXどのモバイルWi-Fiよりもキャンペーンが良くて月額費用が安いからと言っても、まだ不安要素があるはずです。

 

それが、GMOとくとくBB WiMAXを使ってみた結果どうだったのか。ネットでGMOとくとくBB WiMAXの良い評判と悪い評判もチェックしてみました。

 

GMOとくとくBB WiMAXの悪い評判

 

ココがダメ

GMOとくとくBB WiMAXを利用してすぐに、質問があったのでサポート窓口に電話してみました。ですが、思っている以上に込み合っているようでぜんぜん繋がりませんでした。ただし、使い慣れたらそこまでサポートに連絡することはないので、大きなデメリットには感じませんでした。

 

ココがダメ

キャッシュバック目当てで、GMOとくとくBB WiMAXを申し込みました。しかし、いつになってもキャッシュバックの情報が来なく、しまいにはその存在すら忘れてしまいました。実は契約してから11カ月後くらいにメールが届きそこから1カ月以内に振込口座を登録しないといけないとのことでした。しかもGMOのメールアドレスですから余計に見過ごしてしまいます。

 

GMOとくとくBB WiMAXの良い評判

 

ココが良かった

モバイルWi-Fiは、地域や場所によって電波がかなり弱くなる印象が強かったため、申し込むのが怖かったです。が、友人が利用しているのを聞き評判を聞いてみると、地下鉄でも全然使えるし問題ないと聞き、さっそく申し込みました。結果的に届いたその日から使うことができ、評判通りストレスがなくてとても快適です。

 

ココが良かった

GMOとくとくBBWiMAX2+は、キャッシュバックの金額もさることながら、利用料も割と安いのでとても満足しています。また回線速度は下り最大2.7Gbpsと光回線以上の速さ。高速通信も楽しむことができ、さらには月額データ容量も無制限なので問題ありません。

 

\ この先のページ限定特典 /

GMO WiMAXを申し込む

 

GMOとくとくBB WiMAXって何?

 

どこでも高速通信ができるモバイルWi-Fiはとても人気があるため、さまざまな会社からたくさんの機種が発売されています。

 

だからこそ、モバイルWi-Fiを検討したときにどれを選ぶべきなのかを非常に迷われるのではないでしょうか。

 

数あるなかでもおすすめできるのが、GMOとくとくBB WiMAXです。

 

GMOとくとくBBとは、GMOインターネット社が提供するプロバイダで、WiMAXはUQコミュニケーション社が提供する通信網のことを表します。

 

プロバイダはいわゆる販売店のことを指しますため、BIGLOBEやSo-netなども提供しています。

 

そのため、プロバイダによっては月額費用が違ったりキャンペーン内容が違ったりするため、適当に選んでしまうと大きな損をする可能性があります。

 

GMOとくとくBB WiMAXのデメリット

 

どんなものでもそうですが、メリットやデメリットがつきものというのが当然のことと言えます。

 

では、GMOとくとくBB WiMAXのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

キャッシュバック通知をスルーしてしまう可能性がある

プロバイダを選ぶときの大きな指標になるのが、キャッシュバックの額ではないでしょうか。

 

GMOとくとくBB WiMAXが選ばれる最大の理由にキャッシュバックがありますが、そんな大切なことを見過ごしてしまう可能性があります。

 

なぜなら、キャッシュバックの通知はメールで届くからです。しかも契約した当日とかではなく忘れたころに届きます。

 

今の時代、なかなかメールを見るというクセがありませんし、なにより迷惑メールなどであふれかえってしまい重要なメールを見過ごしてしまうことも少なくありません。

 

また、通知メールは普段使っているものではなくGMO専用の新しいメールアドレスに送信されます。

 

もちろん、親切に電話などで教えてくれることはありませんので、期限内にメールをチェックせずに放置しているとキャッシュバックが1円も受け取れなくなります。

 

自動的に銀行口座へ振り込まれることがない、ということをしっかり覚えておきましょう。

 

キャッシュバックの受け取りに関してはGMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方と注意点を別記事にてまとめています。

【いつ?】GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方と注意点

続きを見る

 

問い合わせ窓口が混んでなかなか繋がらない

みなさんは、利用している携帯電話の会社に、何かしらのトラブルや質問があったときに電話で問い合わせをしたことがあるのではないでしょうか。

 

しかし、いつ電話をしても繋がらなかったなんて記憶もあるはずです。

 

基本的に携帯会社はどこもユーザーが多いため、問い合わせ窓口が込み合う傾向にあります。

 

おなじくGMO社もかなり大手の会社ですから、ユーザーがかなり多いという特徴があります。

 

つまり、必要なときに電話で問い合わせをしてもなかなか繋がらない可能性があるというデメリットがあります。

 

GMOとくとくBB WiMAXのメリット

 

GMOとくとくBB WiMAXにはいくつかのデメリットがありましたが、肝心なメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

キャッシュバックの金額がどこよりも高い

何でもそうですが、気になるサービスや商品を申し込む場合、何かしらの特典がついていたらより一層申し込みの後押しをしてくれるはずです。

 

とくにWiMAXであればたくさんのプロバイダが、さまざまなキャンペーンをうってキャッシュバックをしているため、どこよりも高いところで申し込みたいのではないでしょうか。

 

GMOとくとくBB WiMAXであれば、誰でも23,000円がもらえ、他社からの乗り換えでは条件次第で最大49,000円のキャッシュバックが受けられるため、インパクトはかなりでかいと言えます。

他社から乗り換え詳細

インターネット回線の解約にかかわる解約違約金や端末残債等の合計が、、、

  • 20,000円(税抜)未満の場合:23,000円キャッシュバック
  • キャッシュバック還元20,000円(税抜)以上の場合:49,000円キャッシュバック

 

月額料金が割と安め

せっかくキャッシュバックの額が高いのに、肝心な月額費用が高いようでは話になりません。

 

キャッシュバックの額が高いということは、通常は月額料金が高いのではと勘繰ってしまうのも無理はありません。

 

しかし、GMOとくとくBB WiMAX比較的月額費用も安いというメリットがあります。

 

たとえば、GMOとくとくBB WiMAXの場合、申し込み月~2カ月目までは税込みで1,474円で利用することができます。(通常月額料金は5,302円ですが、36カ月目以降もずっと割引

 

しかも、月額データ容量の制限はありません。3日で15GBの制限は撤廃されています。

 

速度制限がないから評判が良い

 

モバイルWi-Fiはスマートフォンが誕生したときくらいからありましたが、当時は利用するにあたり大きなデメリットがありました。

 

それが動画やファイルのダウンロードなど容量が重たいものを実行てしまうと、あっと言う間に通信制限にかかってしまうことです。

 

とくに今はYouTubeなどを視聴するユーザーも増えてきているため、いかに決められた容量で動画を見ないといけないのかを気にする必要がありました。

 

GMOとくとくBB WiMAX速度制限がないため動画やファイルなどの容量を気にせずにダウンロードできます。

 

\ この先のページ限定特典 /

GMO WiMAXを申し込む

 

GMOとくとくBB WiMAXの評判:まとめ

 

モバイルWi-Fiを利用したいと思ったときに、たくさんの会社があるためどれを選ぶべきなのかを非常に迷われるに違いありません。

 

そんなときには、キャッシュバックが高く利用料が安く、そして高速通信のGMOとくとくBB WiMAXを選んでみてはいかがですか。

 

GMOとくとくBB WiMAXがあれば、今まで苦労していた通信環境が大幅に改善されることでしょう。

 

\ この先のページ限定特典 /

GMO WiMAXを申し込む

 

  • この記事を書いた人

はや@エンジニア

エンジニア&ブログ開設の専門家 ▼パソコン・スマホ・サーバーなど「エンジニアならではのノウハウ」を発信 ▼VPS関連・WordPress関連の記事が人気 ▼無料メルマガ・noteなどブログでは書ききれなかった内容も発信中 ▼ENGI WORKS(エンジワークス)運営者

-インターネット/通信
-