VPN

ExpressVPNの設定方法と使い方【しかも安全】

ExpressVPNの設定方法と使い方【しかも安全】

 

ExpressVPNの設定方法と使い方についてご紹介します。

 

この記事で分かること

  • ExpressVPNとは
  • ExpressVPNの申し込み方法
  • ExpressVPNの設定方法
  • ExpressVPNの便利機能

 

ExpressVPNを使うことで通信内容が暗号化され悪意のある人間からの盗聴(データの盗難)を防ぐことができます。

 

ExpressVPNを使ってみた感想

ExpressVPNは設定から接続まで驚くほど「簡単」でした。VPN接続までの設定は難しいこともあったり、なかなかすんなりいかないものなのですが、ExpressVPNはアプリをインストールしてユーザー名パスワードを入力するだけで接続完了です。海外動画サービスやコンテンツ、海外から日本のコンテンツも楽しめかなり初心者に優しいVPNツールです。

 

この記事を書いている人

 

ExpressVPNとは【ノーログVPN】

 

ExpressVPNとはインターネット上での通信を暗号化するサービスです。インターネット通信はデータが丸見えになることが多々あります。

 

Webブラウザを使った通信はhttpsと呼ばれる技術で暗号化されますが、それ以外の通信ではデータが盗み見られる可能性があります。

 

またExpressVPNは、下記のログを取得しないノーログVPNとして有名です。

  • IPアドレス (ソースまたはVPN)
  • 閲覧履歴
  • トラフィックの行き先またはメタデータ
  • DNSクエリ

 

ただし、下記の情報は取得しています。これらの情報には個人情報は含まれていません。

  • 有効化されたアプリとアプリのバージョン
  • VPNサービスに接続した日付(時間を含まない)
  • VPNサーバーロケーションの選択
  • 1日あたりに転送されたデータの合計(MB)

 

ExpressVPN公式のプライバシーポリシーにもしっかり記載されていますので信用できる情報ですね。

 

ExpressVPNを利用することであなたの通信内容がすべて(スプリットトンネリング機能で除外可能)暗号化されます。

 

アプリ・ブラウザについて

ExpressVPNは下記の機器で使うことができます。

  • Windows
  • Mac
  • Linux
  • iPhone/iPad
  • Android

 

Webブラウザ上でもExpressVPNを使うことができます。

  • Chrome
  • Firefox
  • Edge

 

日本語サポート

VPNサービスはほとんどが外国です。

 

悩む人
VPN接続で困ったときがったときにサポートが日本語対応じゃなかったらどうしよう…

 

こんな悩みでVPNの使用をやめてしまう人が多いようですがExpressVPNは日本語サポートに対応しています。

 

利用料金・返金保証

 

12ヵ月契約で1ヶ月当たり49%安くすることができます。1$を140円として計算したときの金額は下記となります。1年以上使う場合さらに3ヵ月無料が追加されます。6ヵ月ぐらい使う場合でも1年契約してしまった方がお得になりますね。

プラン 12ヶ月 6ヶ月 1ヶ月
月額料金 約933円 約1,398円 約1,813円
12ヵ月使った場合 約11,205円 約16,783円 約21,756円

 

ちなみに30日間の返金保証が全てのプランについているので、使ってみて要らなかったという場合、100%の返金を受けることができます。

 

ちなみに「不要になった!」「期待通りじゃなかった…」など、の理由で30日間の返金保証制度を使う場合は、チャットでその旨を伝えてください。日本語対応しています。

 

ExpressVPNの解約方法や返金方法についてはこちらをご覧ください。

ExpressVPNの解約方法と30日間返金保証のやり方【簡単】

続きを見る

 

\ 12ヵ月プランが49%OFF /
ExpressVPNを使ってみる
30日以内無条件で返金OK!

 

ExpressVPNを使うメリット・デメリット

 

ExpressVPNを使うことで得られるメリットとデメリットについてご紹介します。

 

デメリット

ExpressVPNのデメリット

  • 通信速度が遅くなる

 

ExpressVPNに限らずVPN機能はひとつひとつのデータを暗号化し、受け取ったサーバー側で暗号化を解除(複合と言います)をひとつひとつ行います。

 

また、暗号化しないデータと暗号化したデータはデータ容量が異なります。

 

その結果、VPNの通信速度は暗号化をしないデータと比べどうしても遅くなってしまいます。

VPN機能はひとつひとつのデータを暗号化し、受け取ったサーバー側で暗号化を解除(複合と言います)をひとつひとつ行います。

 

豆知識

目安として暗号化しているデータの速度はSSL-VPNと呼ばれる暗号方式ではおよそ3分の1、IPsecと呼ばれる暗号方式の場合はおよそ2分の1ほど遅くなります。

 

ただしこのデメリットは一般的なものであり、例えばプロバイダーがあるデータの通信制限をしていた場合、これを回避することができます。稀ではありますが、こういったときにVPNを使うことで、逆に通信速度が改善する場合もあります。

 

メリット

ExpressVPNのメリット

  • データを暗号化しデータの盗難を防げる
  • 各国に配置されているVPNサーバーにアクセスすることでその国住んでいるのとほぼ同じ意味となる
  • 通信ログが記録されない(ExpressVPNの場合)
  • VPNサーバーの速度が速い

 

データを暗号化しデータの盗難を防げる

VPNの最大の利点はデータの暗号化です。自分と相手先のサーバーにしかわからない「カギ」を用意し、その「カギ」でしか開かない箱を送り合います。このカギはとても複雑で第3者が合鍵を作る前に新たなカギが作られるので事実上データの盗難は不可能です。

 

各国に配置されているVPNサーバーにアクセスすることでその国住んでいるのとほぼ同じ意味となる

VPNの利点は暗号化ですが、もうひとつ利点があります。

 

VPN接続を開始する場合、端末は拠点と呼ばれる場所(サーバー)と接続を行います。そしてVPN接続が確立すると、その場所でのIPアドレスやルール(ポリシー)が適用されます。

 

インターネットの世界では基本的に国外からの通信を遮断することが多いです。例えば外国にいて日本のコンテンツ(U-NEXTやHulu、ツイッターやフェイスブックなどなど)を見たい場合、VPN接続をしなければ日本のコンテンツは使えせん。

日本にいて外国のコンテンツを見る場合も同じ。

 

VPN接続を行うことでその国のコンテンツが使えるメリットがあります。

 

通信ログが記録されない(ExpressVPNの場合)

インターネットは匿名性が高いと言われていますがこれは大きな間違いです。

 

あらゆる人やモノはネットに接続する際、プロバイダーの設備を必ず経由します。そこでプロバイダーでは、あなたがいつどこへ通信をしているか記録(ログ)が取られています。

 

とは言えこれは発信者情報開示請求があるまでは100%漏れることのないログです。逆に何か悪さをして相手側から発信者情報開示請求が行われると個人が特定されます。

 

VPNも基本は同じで同様にログは取られるのですが、ExpressVPNは一切の通信ログを残しません。

ただし、VPN接続開始時や終了時などといったサービス関するログのみ取得されます。

 

VPN通信をする以上、見られたくない情報を扱うことが一般的なのでExpressVPNのような業者のVPNを使うことが後になって大きな事件に巻き込まれないためにも重要な選択方法です。

 

VPNサーバーの速度が速い

 

ExpressVPNのVPNサーバーはとても高速です。上の画像ではダウンロードが166Mbpsという速度が出ています。

 

VPN接続をしているという意識がなければ「ネットが遅いな~…」という考えは起こりません。

 

\ 12ヵ月プランが49%OFF /
ExpressVPNを使ってみる
30日以内無条件で返金OK!

 

ExpressVPNの使い方

 

ここからはExpressVPNの使い方を徹底的に説明していきます。

 

流れを箇条書きにまとめました。

  • ExpressVPNの申し込み方法
  • ExpressVPNのダウンロードとインストール方法
  • VPNの接続方法
  • オプション設定のご紹介

 

ExpressVPNを申し込む

ExpressVPNの公式サイトへ入ります。申し込みページは下記のURLから入ることができます。

 

https://www.expressvpn.com/jp

 

公式サイトに入ると「ExpressVPNを購入する」というボタンがありますので、クリック(またはタッチ)します。

公式サイトに入ると「ExpressVPNを購入する」というボタンがありますので、クリック(またはタッチ)します。

 

プランを選択します。選べるプランは「1ヶ月」「6ヵ月」「12ヵ月」の三つです。契約期間が長いほど1ヶ月当たりの料金が安くなります。

プランを選択します。選べるプランは「1ヶ月」「6ヵ月」「12ヵ月」の三つです。契約期間が長いほど1ヶ月当たりの料金が安くなります。

 

メールアドレスを入力します。

メールアドレスを入力します。

 

支払い方法を選択します。おすすめは「クレジットカード」か「PayPal」です。

支払い方法を選択します。おすすめは「クレジットカード」か「PayPal」です。

 

クレジットカード情報を入力します。入力内容を確認後「すぐに購入する」をクリックします。

クレジットカード情報を入力します。

 

支払い手続きがはじまりますので、終わるまで待ちます。10秒ぐらいで完了します。

 

申し込み処理が完了するとパスワード設定が始まります。

「無作為で生成されたパスワード」を使っても構いませんし「パスワードの作成(青枠部分)」をクリックして自分なりのパスワードを設定しましょう。

「無作為で生成されたパスワード」を使っても構いませんし「パスワードの作成(青枠部分)」をクリックして自分なりのパスワードを設定しましょう。

 

パスワードを設定する場合

パスワードを設定する場合

 

これでExpressVPNの使用準備が整いました!

アクティベーションコードは念のためメモしておきましょう。

アクティベーションコードは念のためメモしておきましょう。

 

複雑な設定などもなくとてもシンプルでわかりやすい申し込み方法ですね。

 

ExpressVPNのダウンロードとインストール方法

ExpressVPNの申し込みが終わりましたら下記の画面が表示されているので、そのまま「ダウンロード」ボタンをクリックしましょう。

ExpressVPNの申し込みが終わりましたら下記の画面が表示されているので、そのまま「ダウンロード」ボタンをクリックしましょう。

 

ダウンロードしたファイルをクリックしExpressVPNのインストールを開始します。

 

Windowsで下記の画面が表示された場合は「実行」をクリックします。

 

サクッとインストールが完了しますので、「サインイン」をクリックします。

 

アクティベーションコードを入力します。

 

パソコンを起動したときにExpressVPNを自動で起動するかどうかを決めましょう。自動起動したい場合は「OK」をクリックします。

自動起動しない場合はデスクトップやスタートメニューからExpressVPNを選択して手動で起動します。

 

使用レポートをExpressVPNに送るかどうかを選びます。

 

VPN接続の準備が整いました。

 

ExpressVPNの接続方法

「パソコンの電源マーク」のようなアイコンをクリックするだけでVPN接続ができます。

 

VPN接続完了

 

VPN接続自体は電源マークをクリックするだけで完了します。

 

通常VPNはユーザ名・パスワードを入力し、VPN接続を行うため非常に手間なのですが、ExpressVPNはアクティベーションコードを利用することでユーザ認証を簡略化しています。

 

これはかなり簡単です。

 

ExpressVPNのオプション設定

ExpressVPNにはオプション設定が豊富に用意されています。設定項目は色々ありますが、VPNを暗号化して使うだけであれば特に触れる必要はありません。

 

オプション設定は「三」マークをクリックした先の「オプション」で見ることができます。

 

一般設定

 

アカウント設定

 

プロトコル設定

 

ショートカット設定

 

ブラウザ設定

 

詳細設定

 

スマホでもExpressVPNを使いたい場合【管理が簡単】

 

ExpressVPNは同じアクティベーションキーを使って何台でもインストールすることができます。

ただし同時接続は5台まで。

 

もし複数台でExpressVPNを使いたい場合、パソコンから申し込むと管理が簡単です。

スマホだとアプリごとで契約するので解約が面倒。

 

パソコンで申込んでスマホでも使う場合は下記の手順で行うととても簡単です。

 

「三」マークをクリックして「すべてのデバイスを保護」をクリックします。

 

「設定リンクをメールする」をクリックします。

これをクリックするとExpressVPN申し込み時に入力したメールアドレスへ強制的に送信されます。そのため、申し込み時に入力したメールアドレスが受信できるようにほか端末でも設定しておく必要があります。

 

受信したメールを開き「Set Up Now」をクリックします。

 

ブラウザ画面が開きますので、画面を下へスクロールします。

 

ExpressVPNをインストールするリンクが表示されますので、リンクをクリックします。図はAndroidですが、iPhoneの場合はAppストアのリンクボタンが表示されます。

 

ExpressVPNをインストールします。インストール完了後アプリを開いてください。

 

ExpressVPN起動後、VPN設定が開始されます。「OK」をクリックします。

 

「OK」をクリックします。

 

改善に協力するかどうかを選びます。

 

「続行」をクリックします。

 

設定が完了しました。「電源マーク」をタッチします。

 

VPN接続が完了しました。アプリ上で「接続完了!」が出ていることと、スマホの画面上のステータスバーで「カギマーク」が表示されていればVPN接続は完了しています。

 

ロケーションの変更やスプリットトンネルの設定は次の応用編をご参考ください。画面はパソコン版ですが、設定方法は考え方は同じです。

 

ExpressVPNの使い方【応用編】

 

ここからはExpressVPNを使う上で知っておくと便利な機能を解説します。

 

ExpressVPNの便利機能

  • ロケーションの変更
  • スプリットトンネル

 

ロケーションの変更

VPN接続は自分の住んでいる場所を中心に一番近いサーバーを選びます。今回は例として日本からアメリカのロサンゼルス - 2を選びます。

 

スマートロケーションと書かれているリストの右側にある「…」をクリックします。

 

アメリカを選択します。

 

ロサンゼルス - 2を選びます。

 

ロケーションが「アメリカ - ロサンゼルス - 2」に代わりました。

 

VPN接続を変えることであなたのパソコン(スマホ)は一時的にその国にいることになります。

 

VPNの利点はデータの暗号化だけでなく、その国サービスを利用したい場合にも威力を発揮します。

 

スプリットトンネリング

スプリットトンネリング(またはスプリットトンネル)とは、対象のアプリの通信を暗号化の対象から外すかどうかを設定することができる機能です。

 

例えばあなたがアメリカのロサンゼルスに住んでいると仮定したとき…下記の使い方を想定します。

  • 日本のAmazon Primeを楽しむ場合はVPNを使った通信を実施
  • アメリカのコンテンツを楽しむ場合はVPNを使わない通信

 

上記の使い方を考える場合本来ならVPN接続のオンオフを頻繁に行う必要があり面倒です。

 

そこでスプリットトンネリングでVPN接続をするかしないかをアプリごとで設定することでVPN接続しっぱなしにしておいてもVPN通信の対象外とすることができます。

 

国内でテレワークの場合のみ暗号化できれば良いといった場合はスプリットトンネリングは特に不要です。

 

スプリットトンネリングの使い方

ExpressVPNの「三」をクリックし「オプション」をクリックします。

 

スプリットトンネルの項目で「アプリごとに接続を管理する」にチェックを入れます。チェックを入れた後「設定」をクリックします。

 

スプリットトンネルは3パターンで設定ができます。

 

全てのアプリでVPN通信を行う場合

 

選択したアプリをVPNの対象外とする場合

 

選択したアプリをVPN接続の対象とする場合

 

ExpressVPNの使い方【申し込みから完全紹介】:まとめ

 

ExpressVPNの申し込み方法から応用的な使い方までを紹介しました。

 

ExpressVPNを使うことで通信を暗号化して通信を盗み取られるリスクがグンと減らせます。

 

また国外のインターネットサービスを楽しむこともできるようになります。

例えば海外から日本国内のコンテンツを楽しむ場合VPN接続をすることで実現可能。

 

ExpressVPNは通信記録(ログ)を残しません。機密情報のやり取りにExpressVPNはおすすめです。

 

ExpressVPNのサーバーはとても早く「これVPN接続しているよ」と言われない限り気が付かないくらいの速さを体感できます。

 

とは言え、体感速度は人それぞれですのでまずは使ってみることをオススメします。

ExpressVPNは30日以内であれば無条件で全額を返金してくれますので、気に入らなければ損することなく解約ができます。

 

ExpressVPNを使ってみた感想

ExpressVPNは設定から接続まで驚くほど「簡単」でした。VPN接続までの設定は難しいこともあったり、なかなかすんなりいかないものなのですが、ExpressVPNはアプリをインストールしてユーザー名パスワードを入力するだけで接続完了です。海外動画サービスやコンテンツ、海外から日本のコンテンツも楽しめかなり初心者に優しいVPNツールです。

 

\ 12ヵ月プランが49%OFF /
ExpressVPNを使ってみる
30日以内無条件で返金OK!

 

 

【限定料金】ExpressVPNが特別価格で申込める

 

ExpressVPNは公式サイトからでの申し込みだと12ヵ月の申し込みが1ヶ月当たり$8.32(約1,164円)となります。

1$=140円で計算

 

これでも十分安いですが、どうせならもっと安く使いたいと思いますよね。

 

当サイトからの申し込み限定で12ヵ月の1ヶ月当たりの料金がさらに割引になり$6.67(約933円)で使えます。しかも3ヵ月間無料で使えます。

公式サイトや別サイトからの申し込みでは割引や3ヵ月の無料期間はありません。ご注意ください。

 

VPN接続が必要になった…けど、できれば「安くて使いやすいVPNが良いな」とお探しであればExpressVPNを使わない手はありません。

 

とは言え記事を読んだだけではあなたはVPNの良し悪しは伝わらないと思います。ExpressVPNは僕も使っていますのでおススメできるサービスですがあなたに合っている!とは断言ができません。

 

ExpressVPNは30日間の返金保証がありますので気に入らなければ解約OKです。解約はチャットで申し出るだけなのでとても簡単です。

 

使い方や解約方法について記事も用意していますので、ご参考にしてみてください。

 

 

\ 12ヵ月プランが49%OFF /
ExpressVPNを使ってみる
30日以内無条件で返金OK!

 

 

-VPN
-, ,