エンジニア

社会人がプログラミング教室に通う意味とは【稼げる幅が広がる】

社会人がプログラミング教室に通う意味とは【稼げる幅が広がる】

 

  • プログラミングスキルを身につけて今よりも稼ぎたい
  • 社会人でもプログラミング教室に通うべき?
  • 働きながらでもスキルを身につけることはできる?

 

このような疑問を解決する記事になっています。

 

昨今、プログラマー、エンジニア不足の影響からIT人材の需要が高まっており、プログラミング教室が注目されています。

 

高収入を狙える業界として、働きながらプログラミング教室で学んでいる社会人は多いです。

 

「わざわざプログラミング教室に通わなくても独学で学べないのか」と思う社会人の方もいるでしょう。

 

しかし、独学でのプログラミング学習は挫折率が非常に高く、約90%の方が独学に失敗しているとも言われています。

 

この記事を読めば、社会人がプログラミング教室に通うべき理由がわかり、通うメリット・デメリットが理解できます。

 

社会人でプログラミング教室に通うか悩んでいるなら、ぜひ参考にしてください。

 

\ 教育訓練給付金制度あり /

テックアカデミーに相談する

在職中でも制度使えます

 

プログラミング教室とは?社会人でも働きながらスキルが身につく!

 

プログラミング教室とは、その名の通り、プログラミング言語が学べる教室です。

 

プログラミング言語には、

  • Python
  • Java
  • Ruby
  • PHP
  • JavaScript

 

など、さまざまな言語があります。

 

パソコンの知識がない初心者の方でも、コンピュータやインターネットの仕組みから学べるコースもあるので、イチからプログラミング学習を始める方でも安心です。

 

プログラミング教室の特徴は、時間や場所を選ばずに学べることです。

通学制のプログラミング教室だけでなく、オンラインで学べる環境も用意されています。

 

オンライン学習は通勤途中などの隙間時間でも学べるので、忙しい社会人や学生などからも人気です。

 

また、現役のエンジニアがメンターとして学習のサポートをしてくれるので、疑問点や行き詰まった際に直接質問することができるのも大きな魅力。

 

\ 教育訓練給付金制度あり /

テックアカデミーに相談する

在職中でも制度使えます

 

社会人が独学ではなくプログラミング教室に通うべき3つの理由

 

「社会人でも働きながらプログラミング教室に通えることはわかったけど、安く済ませるなら独学じゃだめなの?」と思われる方もいると思います。

 

ここでは、社会人が独学ではなく、プログラミング教室に通うべき理由を3つ解説します。

 

その理由が、

  • 独学はほとんどの人が挫折している
  • 独学はスキルを習得するまでに時間がかかる
  • 疑問をその場で解決できない

 

一つずつ詳しくご案内します。

 

独学はほとんどの人が挫折している

冒頭でもお伝えしたように、独学でプログラミング学習を始めた約9割の方が挫折しています。

 

プログラミング教室に通っている方の中にも、独学にチャレンジするも失敗し、挫折した方は大勢います。

 

独学が失敗する理由として、

  • エラーで行き詰まっても解決できない
  • 一人ではモチベーションが続かない
  • そもそもどうやって勉強していいかわからなかった

 

など、独学だからこそ失敗する原因があるのです。

 

プログラミング教室に通えば、現役のエンジニアがサポートしてくれるので、エラーに行き詰まっても質問して解決できます。

「エラーの修復方法がわからない」挫折するNo.1の理由でもあります。いつまでたっても先に進めない点が最大の理由

 

また、同じ目標を持った仲間がいることで、モチベーション維持にもなるため、最適な環境で学習することが可能です。

 

そのため、プログラミング初心者の社会人は、独学よりもプログラミング教室をおすすめします。

 

独学はスキルを習得するまでに時間がかかる

プログラミング学習は、スキルを習得するまでに時間がかかります。プログラミング未経験の方であれば、さらに時間が必要でしょう。

 

忙しい社会人ならできるだけ時間をかけずにスキルを習得したいと思うはず。

 

学びたい言語、個人差にもよりますが、プログラミングを習得して実務レベルになるまで約300時間以上必要…。

 

独学の場合、エラーに行き詰まって何時間も調べたり試したりしても解決できなかったということはよくあります。

 

エンジニアに質問すると、何時間かけてもわからないエラーが、3分で解決したという方もいるほどです。

 

忙しい社会人こそ、効率よく学習するためにプログラミング教室で学ぶべきです。

 

エラーや疑問点をその場で解決できる

先述したように、独学で進めるとエラーや疑問点をすぐに解決することができないことが多々あります。

 

 

自分で問題解決する能力も必要ですが、何時間も同じ問題に悩むのは効率の良い勉強とはいえません。

 

何時間も悩んだ結果、「自分には向いていない」と思ってしまい、挫折に繋がってしまいます。

 

プログラミング学習成功のカギは、「継続」です。

 

プログラミングに詳しい人がいる環境で学習することで、社会人でも継続しやすくなります。

 

\ 教育訓練給付金制度あり /

テックアカデミーに相談する

在職中でも制度使えます

 

社会人がプログラミング教室に通う3つのデメリット

 

「社会人は効率よく学習ができるプログラミング教室に通うべき」とお伝えしてきましたが、デメリットもあります。

 

ここでは、3つのデメリットについて解説します。

 

受講費用が負担になる

プログラミング教室に通うには、受講費用が必要です。高額なプログラミング教室だと、80万円前後するところもあります。

 

自己投資とはいえ、数十万円という金額はすぐには出せません。

 

受講費用が理由で独学から始めるも挫折してしまい、結局プログラミング教室に通う方が非常に多いです。

 

いまは「教育訓練給付金」などの助成金制度もあるので、積極的に利用するといいでしょう。

「教育訓練給付金」などの助成金制度は、本記事の最後「テックアカデミーの転職サービスが魅力的【受講料最大70%支給】」でもご案内しています。

 

通学に時間がかかり面倒なこともある

通学制のプログラミング教室の場合、決められた時間と場所で学習しなければなりません。

 

強制的にプログラミングを学ぶ環境があるので、挫折しにくいメリットがある反面、自分のペースで学習ができないのはデメリットでしょう。

 

しかし、時間や場所にとらわれずに学べるオンライン制の教室もあります。

 

忙しい社会人でもスキマ時間に学ぶことができるので、プログラミング教室が近くにない場合はそちらを選ぶといいでしょう。

 

スキル習得までにある程度の時間が必要

忙しい社会人が知っておかなければならないのが、短時間でスキル習得は難しいことです。

 

学ぶ言語にもよりますが、実務レベルになるまで約300時間が必要といわれています。

 

例えば、平日2時間、休日に5時間の学習をした場合、約3ヶ月〜4ヶ月かかります。

 

毎日学習した場合の計算なので、もっと習得までに時間を要する人も…。

 

ただし、社会人として働きながらプログラミング教室に通って、プログラマーやエンジニアになった方も大勢います。

 

学習スケジュールなどを工夫して時間を捻出することが必要です。

 

\ 教育訓練給付金制度あり /

テックアカデミーに相談する

在職中でも制度使えます

 

社会人がプログラミング教室に通うメリット

 

デメリットを読んで、「やっぱり独学の方が合っているのかな」と思われたかもしれません。しかし、プログラミング教室に通って学習するメリットもあります。

 

ここでは、3つのメリットを解説していきます。

 

疑問点をすぐに解決できるため挫折しにくい

プログラミング教室を利用するメリットは、わからない点をすぐに質問して解決できる環境があることです。

 

  • エラーが何時間かけても解決できない
  • 将来的に副業で稼げるようになりたいけど、何から始めればいいのかわからない

 

など、初心者は疑問点が多くなかなか前に進むことができません。

 

プログラミング教室によっては、現役のエンジニアやフリーランスで活躍しているプログラマーなどが講師としてサポートしてくれます。

 

多くの挫折者が、疑問点を解決できずに途中で諦めてしまいます。プログラミング教室を利用すれば、挫折しにくい環境の中で学びを進めていくことができます。

 

結果、最後まで学習をやり遂げることができ、エンジニアとして稼げる幅が広がります。

 

独学よりも効率的にスキルが身につく

独学の最大の弱点は、情報が多すぎて絞ることができないことです。インターネットで調べれば、ある程度の情報は手に入るでしょう。

 

しかし、ネットには情報が乱立しており、何を信じて、どう行動すればいいかがわからず、学習が捗らないということがあります。

 

例えば、スポーツでも独学で練習するよりも、「先に失敗と成功を経験している人」から学ぶ方が、成長が早いですよね。

 

プログラミング教室を利用すれば、目標・目的に合わせた学習プランやカリキュラムが用意されており、講師に質問しながら学習できるので、効率的にスキルを身につけることが可能です。

 

同じ目標を持った仲間ができる

プログラミング教室に通うと、同じ目標を持った仲間がいます。交流することもできますし、学習している姿を見るとモチベーションにも繋がります。

 

教室によっては、チームで一つの制作物を完成させるワークもあるので、独学では体験できない実践的な学習も可能です。

 

他にも同じ目標を持つ社会人がいることで、切磋琢磨しながら苦しい時期を乗り越えることもできます。

 

社会人向けプログラミング教室を選ぶポイント

 

ここでは、プログラミング教室を選ぶ際に、押さえておきたいポイントを3つ解説します。

 

目標を達成できるコースやカリキュラムがあるか

自身がプログラミングを学んで転職したいのか、副業したいのかなどによってプログラミング教室を選ぶ基準も変わってきます。

 

まずは、自分が目指す理想像をたてましょう。その理想像に最短で近づけるコースやカリキュラムがあるかを調べてください。

 

プログラミング教室には無料体験や無料カウンセリングがあるので、そこで講師たちにどのようなコースやカリキュラムがあって目標を達成することができるのかを質問するといいでしょう。

 

\ 教育訓練給付金制度あり /

テックアカデミーに相談する

在職中でも制度使えます

 

SNSやネットで評判・口コミをチェックする

プログラミング教室の良し悪しを決める際に、実際に受講した人の声を聞くのが早いですし、リアルな意見を知ることができます。

 

特にTwitterなどのSNSを活用すると、より本音の声が聞けます。

 

ネットにも体験談が掲載されていますが、良い情報しか載せないサイトがあるのも事実です。

 

しっかりと良い評判と悪い評判を見ることが、プログラミング教室を選ぶポイントです。

 

通学制かオンラインか

プログラミング教室には、通学して学ぶスタイルとオンラインで学ぶスタイルがあります。

 

通学制のメリットは、わからないことや疑問点などを直接質問できることです。しかし、忙しい社会人にとって、教室までに行く時間と場所が制限されるデメリットもあります。

 

働きながら効率よく学ぶために、時間と場所に縛られない学習環境も大事です。

 

オンラインであれば、自分の好きな時間、好きな場所で学習を進めることができるため、社会人にもおすすめです。

 

オンラインプログラミングスクールの選び方については以下の記事で詳しくご案内しています。

オンラインプログラミングスクールの選び方【徹底的にご説明】

続きを見る

 

社会人がプログラミング教室に通う意味:まとめ

 

プログラミング学習を独学ですると約90%の人が挫折することから、社会人はプログラミング教室で学ぶべきとお伝えしてきました。

 

プログラミング教室には受講費用がかかり、すぐにスキルが身につくわけでもありません。

 

しかし、「挫折しない環境」「目標達成までの道筋」がプログラミング教室で得られます。

 

忙しい社会人だからこそ、効率の良い学習方法で進めるべき。

 

社会人がプログラミング教室を利用するなら、スキマ時間でも学習ができるオンライン制の教室をおすすめします。

 

 

テックアカデミーの転職保証コースが魅力【受講料最大70%支給】

 

TechAcademy(テックアカデミー)は、未経験からのエンジニア転職保証コースというものがあります。実はこれ知っていないと損をします。

 

エンジニア転職保証コースとは…

  • 前職不問・プログラミング未経験の初心者でも16週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。現役エンジニアとキャリアカウンセラーが学習から転職までサポートいたします。
  • 受講終了後に転職が決まらなかった場合は受講料を全額返金する返金保証もございます。

 

16週間というと約4か月ほど。

 

プログラミングを4か月の間で習得するのは独学ではかなり厳しいです。独学なのでどうしても、書店で売っているような知識のみになってしまうので、周囲よりもかなり出遅れてしまいます。

 

テックアカデミーを始めとしたプログラミングスクールは現役(または現役だった)エンジニアが講師です。

 

現役エンジニアから現場の知識を吸収できることは独学では無理です。

  • プログラムを動かせる装置はどれなのか
  • 最近のトレンドはどんなものがあるのか
  • 客先はどんなものを欲しているのか

 

こうしたリアルな知識は独学では吸収できません。書店に売っている知識程度では現場に出てすぐに活躍できるかは正直微妙なところ…。

 

テックアカデミーの、エンジニア転職保証コースはオンラインに特化しているので、地方在住だからと諦める必要がありません。

むしろ東京でエンジニアとしてやっていきたい…!というならこれはチャンスです。

 

現役エンジニアがメンターカウンセリング制度のメンターを担当しているので、コースを受講していてわからないことがあれば相談しやすいです。

 

現役エンジニアなので、どこが難しいかという部分はわかっています。おなじ経験を積んでいるのであなたが悩んでいるところに深く共感してくれます。

 

さらに転職支援も手厚く取引企業も1,000社以上と並みの転職エージェントに匹敵します。

 

\ 教育訓練給付金制度あり /

テックアカデミーに相談する

在職中でもOK

 

エンジニアになる理由

今後エンジニアになって損はない理由は大きく3つ。

 

エンジニアは今後ますます需要が増加

経済産業省が発表したデータによると、2020年に36.9万人、2030年に78.9万人のIT人材が不足。

 

エンジニアの給与水準は高い

2017年の賃金構造基本統計調査によるとプログラマーの平均年収は416万円、これは全職種平均304万円の約1.4倍にあたります。

 

自由な働き方ができる

一度エンジニアとして転職できると、その後フリーランスとして独立を目指すことができます。時間や場所にとらわれず、自由な働き方を実現できます。

 

エンジニアは手に職を持つと同義です。

 

料理人がどこの料亭でも働けるのと同じで、エンジニアも企業に縛られることがありません。

言い方は良くないかもしれませんが、今務めている企業が倒産してしまってもエンジニアであれば他社へ移動するだけで仕事をすることが可能。

 

エンジニアはそれぐらい魅力的な職業です。

 

\ 教育訓練給付金制度あり /

テックアカデミーに相談する

在職中でもOK

 

転職保証コースは経済産業省のReスキル講座および、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象

 

テックアカデミーの転職保証コースは「経済産業省のReスキル講座(第四次産業革命スキル習得講座)および、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座」の対象コースです。

 

教育訓練給付金制度とは…

教育訓練給付制度とは、働く方々の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的として、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるものです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/jinzaikaihatsu/kyouiku.html

 

上の図にもあるようにテックアカデミーの転職保証コースは受講料の最大70%が支給される制度に含まれています。

 

色々細かい説明はありますが、在職中でも制度が受けられます。

 

受けるためには雇用保険を払っていることが条件です。

教育訓練給付制度は在職中も使える!疑問点をわかりやすく解説します | セカンドゴング
教育訓練給付制度は在職中も使える!疑問点をわかりやすく解説します | セカンドゴング

2ndgong.jp

 

当然会社から会社員として雇ってもらっている場合は雇用保険は給料から天引きされているので、支払っていないという人はいないはず。

 

詳しくはテックアカデミーの無料カウンセリングで聞くこともできます。

 

\ 無料カウンセリングを受けてみる /

テックアカデミーに質問する

どんな質問もOK!

 

 

今回の記事を参考に、最適なプログラミング教室が見つかることを願ってます。

 

-エンジニア